二子玉川の近くで育ち、二子玉川に住みたくなかった私が住んでみた感想を綴っていきます

ニコたま住み心地

スイーツ

ちょっとした手土産にオススメ! 辻口シェフの和楽紅屋(わらくべにや)和風シュークリーム〜玉川高島屋限定商品

更新日:

二子玉川だけで買えるお土産は貴重ですよね。

自由が丘で有名な辻口シェフの和楽紅屋(わらくべにや)で二子玉川の玉川高島屋だけで買える、毎日完売してしまうお塩にこだわっているシュークリームをご紹介します。

和楽紅屋の『珠洲の塩シュークリーム』
石川県産の海塩「珠洲の塩」をシュー皮に使用したシュークリーム。期間限定商品。

皮がサクッとしてて甘過ぎない。
塩が聞いてて最後にしょっぱさと甘みが絶妙なバランスで残る美味しい一品です。

私が買いに行ったのは平日13時半ごろ。私が買った後残り2つで完売でした。

私が買いに行ったのはテレビで紹介されたばかりのころ。

今では販売数も増えて、お昼過ぎでも買えるようになりました。

お値段も1つ300円ほどでお手頃なので、ちょっとした手土産にぴったりです。

売場情報

玉川高島屋 本館地下1階 食品売り場

限定メニューではないですがどら焼きも人気です。

和楽紅屋のどらやき

記事がフワフワしてて、ちょっと感動すると思います。

 

ちなみに、和楽紅屋といえば、豆菓子。おしゃれな包み紙に入っていて、お父さんへのおしゃれなプレゼントに私も利用したことがあります。

その時は自由が丘の本店を歩いていて見つけて、可愛い店舗に吸い込まれるように入り買いました。

二子玉川の高島屋店でも帰るので日持ちするお土産をお求めの方にはコチラもおすすめです。

和楽紅屋の豆菓子写真のこちらは、若い女性へのプレゼントにオススメ。フランボアーズ味で、ドライパイナップルも入っていて、スッパ甘じょっぱい味でした。

和楽紅屋の菓子折り

コチラはサブレと豆菓子のセット。

可愛いですよね。

辻口シェフといえば、自由が丘の美味しいケーキ屋さん(モン・サンクレール)の方と言うイメージ。

洋菓子だけでなく和菓子も美味しいものを提供してくださり、東京土産、地元土産として喜ばれるので幅広い選択肢が嬉しいです。

そして自由が丘のケーキ屋さんは坂を登った上のほうに在り、父親のバースデーケーキを予約し歩いてケーキを取りに行った日、ちょっと遠くて大変だったので、ケーキは無理でも玉川高島屋限定シュークリームや、美味しいどら焼きを二子玉川で買えるのはとっても嬉しいのです。

ぜひ、坂を登らずに寄れる二子玉川店で美味しいお菓子たちを買ってみてください。

(ちなみに豆菓子のお店の自由が丘店(フェーヴ 自由が丘本店)は、坂を登らない場所にあります笑)

 

-スイーツ

Copyright© ニコたま住み心地 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.